㈱島津製作所 瀬田事業所 南1号館

 本敷地は、JR瀬田駅から東へ徒歩約10分のところに位置し南に国道1号線、北にJR琵琶湖線に挟まれた場所で、周辺にはオフィス、商店、飲食店、工場等が点在する。昭和36年にこの地に於いて産業機器の製造を主とした瀬田事業所がスタ-トし、大型鋳物工場を始め関連諸施設、並びにオフィス棟が建設され、滋賀県下での生産拠点として事業展開され研究開発、技術革新、生産能力の向上が図られ現在に至っている。
 当敷地内では、現在グル-プ会社3社が世界でも類例のない各々の生産分野で技術の研鑽に努められ業績の拡充の一途を辿っている。そのような状況下で今般、計画建物として既存棟の工場、オフィス棟等の改築計画が進行し、概ね6年の歳月を要して今計画が成立し10ヶ月間の工期を経て竣工を迎えた。
 1階は、工場が主用途である。M2階〜3階は1階工場をコントロ-ルする本部機能を備えたオフィスと付属施設である。又、その他グル-プ会社のオフィスが同居する。2階一部には、国内外からの顧客の為のゲストル-ムが9室分配置されると共に会議室も併設されTV会議も行えるような設備を充実させた。1階はエントランスホ-ルを兼ねてグル-プ会社のショ-ル-ムを設ける事になった。
 外観としては、国道1号線からのアクセスに際し本事業所用地内の玄関口になるため周辺の外構計画と合わせた意匠に配慮し、華美な表現を避けながらオフィスビルにふさわしいシンプルなデザインとし、かつ存在感の有る外観、外装計画を追求した。建物の隅角部をガラスカ-テンウォ-ルとして他面と分節した事により、南面(正面)については、正面性を強調する為に外壁面から突出した大きな車寄せのあるキャノピ-及びガラスカ-テンウォ-ルを主体に金属断熱パネル壁面に機能性を持たせた大小の横連サッシを配する事で、変化の有る外壁面を構成した。
(文責:西村)

Information

所 在 地 滋賀県大津市 構  造 鉄骨造
敷地面積 36,406.61㎡ 階  数 地上4階建
建築面積 3,399.08㎡ 用  途 機械製作組立工場         (ギアポンプ、ガラス繊維巻取機)
延床面積 9,238.73㎡ 完成年月 平成25年11月