セントラルスクエア西大路花屋町店

敷地は幹線道路沿いに位置し商業に適した土地であるが、同業他社のひしめき合う激戦区でもある。今回の計画課題は他社との差別化を図り、この地において勝ち残る事が条件とされた。店舗面積を最大限確保する為にハイコストな地下駐車場を採用したのもそのためである。外観意匠は町並み景観に対する配慮と共に、高級感を感じさせるように落ち着いたアースカラーを基調としたカラーリングとし、形態的には頂部に陰影の有る庇、中層部には勾配庇を設ける事で約70mに渡る長大な壁面を分節した。1階を無目の無いガラス張りとする事で、通りのにぎわい感を創出した。内部はエントランスに折り上げ天井を設け空間の広がりを、惣菜・水産・カットフルーツの島厨房を設ける事により活気を感じる構成とした。建設中にライフブランドから京都セントラルスクエア1号店へ方向転換し事業主と一体になり熟考した案件である。
(文責:出井)

Information

所 在 地 京都市下京区 構  造 鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
敷地面積 2,881.06 ㎡ 階  数 地上2階・地下1階建
建築面積 2,294.10 ㎡ 用  途 物品販売店舗
延床面積 6,712.80 ㎡ 完成年月 平成27年3月