デイリーカナートイズミヤ千本北大路

 総合小売業のチェーンストアを主に関西にて展開する事業主が食料品に特化したスーパーマーケットを営む店舗の計画である。敷地は京都市の北部-洛北-を東西に貫く北大路通に面した南側にある。
 建物は、北西から南東に向かって下がる約3.7mの高低差を活かした構成としている。北大路通からバリアフリーで1階の売場にアクセスできるよう、売場の床レベルを北西付近の歩道に合わせ設定した。その結果、南東側で売場の下に約1層分の空間ができ、その部分を倉庫等として利用している。屋上階には、駐車場を設けている。スロープ出入口を北西側に設けることで、車路スロープが短くなるように工夫した。
 店舗の構えとして大きく見えるように、屋上駐車場の周囲に壁を立ち上げ、2階建の建物を模した。また、北大路通と西側道路に面した立面は、ブラウン色の柱型、ブラック色の大庇・修景庇、売場に面したフロントサッシにより長大な壁面を分節し、アイボリー・ダークブラウン色で塗り分けを施した。カラーリングにより全体として引き締まった外観となり、事業主が京都でスーパーマーケットを展開する際のプロトタイプをつくることができたと考えている。
(文責:木田)

Information

所 在 地 京都市北区 構  造 鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
敷地面積 1,876.96㎡ 階  数 地上2階・地下1階建
建築面積 1,479.95㎡ 用  途 物品販売店舗
延床面積 1,875.85㎡ 完成年月 平成27年2月